「めちゃめちゃ硬い!」「前屈で手が地面につかない!」という人、あきらめないで!

体の硬い人でも柔らかくなれますよ! > 体が硬いと不利だと思われている運動や競技

体が硬いと不利だと思われている運動や競技

1.空手

意外にも空手に体の柔らかさを重要視するという声は、少ないようです。

「1.空手」詳細はこちら

2.ゴルフ

体が硬い事でゴルフが不利になる、と思われる方の場合、やはり気になるのはスイングでしょう。

トップ(オブスイング)からフィニッシュまで、安定したフォームでスイングする事で、高く遠くにボールを飛ばす事ができます。

この時、腰回りが硬いから上手くスイングできないのでは?と疑問視される方がいます。

「2.ゴルフ」詳細はこちら

3.バク転

バク転は「後方倒立回転跳び」、あるいは「後転跳び」などといいます。

実際にテレビで体操選手やアイドル歌手の人達が、鮮やかなバク転をしているのを目の当たりにした事がある方も多いはずです。

あれだけ体を反って後方に回るわけですから、入念な準備体操は必要ですし、当然ながら体が硬い事はそれだけ不利な材料になるといっても過言ではありません。

しかし、単体でバク転だけマスターしたい場合に、どこまで柔軟さが必要なのか、考えた事ありますか?

「3.バク転」詳細はこちら

4.バレエ

バレエの動きには、足を外に開くアン・ドゥオールという動きに代表されるように、体の柔軟さが必要な動きは多々あります。

体の硬いままでこれらの動きだけを真似してみても、膝や足首を痛めてしまうだけ。膝の裏や股関節を伸ばす、足のつけ根や腰を伸ばすなど、ストレッチで体をほぐしておく事は重要です。

しかし、バレエをする上で、体を柔らかくする事以前に知っておくべき事があります。

「4.バレエ」詳細はこちら

5.ダンス

一口にダンスといっても色々ありますが、一般に体の硬いことが懸念されがちな、代表的なものを挙げろといわれれば、バレエとストリートダンスという事になるでしょうか。

バレエに関しては別ページを見ていただくとして、ストリートダンスの場合、そのスタイルの違いからヒップホップダンスやブレイクダンスなど、さまざまなジャンルのダンスがあります。

「5.ダンス」詳細はこちら

6.新体操

あらゆるスポーツの中で、恐らく新体操ほど柔軟さを求められるスポーツも無いでしょう。

体が硬いからといって、必ずしもできないスポーツではありませんが、やはり体の柔らかい方が有利に働く事は言うまでもありません。

「6.新体操」詳細はこちら